【スピード読書術】この速読術を実践したら40分早く本を読めるようになった!

 

読みたい本が結構あって積読状態

でも読むスピードが遅いから本は積もっていくばかり・・・

本を早く読めるようになりたいなあ

 

そんな風に思っていた時に本書を購入しました。

タイトルがスピード読書術なので、単純にこれを読めば早く本が読めるようになるかもって思ったのがきっかけです。

本書の内容をさっそく読書に取り入れてみたところ、実践前と比べて40分ほど早く読めるようになりました!

ちなみに実践して3冊目くらいなので即効性があります。

いきなり読了時間が半分になるなんてことは難しいと思いますが、紹介されている内容をさらに継続して実践すれば、さらに早く読めるようになると思っています。

本を早く読めるようになりたい!

いくつか速読本を読んだけど、書いてあるのは目の訓練とかであんまり効果なかったな・・・

そんな方におすすめの本です。

著者はこんな人

著者の宇都出雅巳さんは読書や試験勉強、ビジネスでも利用できるKSK(高速大量回転法)という速読術を発信しています。

学習コンサルタントとして他にもたくさんの本を出版されています。

ちなみに著者の他の速読本のおすすめはこちらです

この本も実践的で効果があったので後日紹介します。

だれでもできる!速読勉強術←著者のブログはこちらです

出会えてよかった言葉をちょい見せ

・読もうとしないことがポイントです。絵や風景を眺めるように、とりあえずページをめくってみます。

・分からないところに突っ込みすぎず、むしろそこではあっさりと切り上げ次を読んでいきます。そして、また全体を読んだ後に戻って来ればいいのです。

・意識上でじっくり読むことも大切ですが、無意識の彼・あいつにもじっくり読んでもらうために、とりあえず本にひと通り目を通すスピード読書をしてしまった方がいいのです。


引用:スピード読書術

いくつか紹介するとこんな感じで、これだけでもかなり早く読めるようになると思います。

他にも本のどこをどんなふうに読めばいいかなども書いてあるので、

目の訓練とかではなく実践的に速読を学べます。

また、他の速読本と比べてテクニック以外にも読書の本質というか、深い読み方をするために大切な考え方などの記述も多いです。

一部を参考にご紹介します。

・読んだ文字量やページ数で本の価値を考えるのではなく、本の中で出会った言葉や生まれてきた気づきが、仕事や毎日の生活でどれぐらいの価値を生み出すかに目を向けましょう。

・読書は読者と本の協働作業であり、お互いの共鳴です。本の内容を理解するためには、必ず自分の中にある知識や体験を使っているわけですから、その知識や体験が悪いわけではありませんが、そこだけに意識を取られてしまうと、本への好奇心が開かなくなり読み方が浅くなってしまいます。

・自分なりの本、自分だけの本に編集、加工していくことで本に書いてある内容が自分のものになり、実際の生活に活かせるようになります。そして、その編集作業を通じて、あなたの論理的思考力も鍛えられていきます。

・本を使うことで、あなたはわざわざアポイントメントを取る必要もなく、その人に出会うことができるわけです。本一冊の値段はせいぜい3000円どまり。その人が積み重ねてきた経験と知識を手に入れられるとすれば、本を買うことさえもそんなに高いとは感じないでしょう。


引用:スピード読書術

まとめ

いくつか速読本を読んできましたが、本書は実践的で即効性があります。

読書以外にも試験勉強、ビジネスなどにも応用が利きます。

早く本が読めるようになりたい!

当たりの速読本が知りたい!

効率よく試験勉強したい!

そんな方におすすめの本です。

速読のテクニックを学びつつ、読書をするモチベーションもあがるので、さらに本が読みたくなる良いサイクルが回り始めますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です