【これからの読書】紙か電子書籍かあなたはどっち派!?

 

読書をするなら紙か電子書籍どっちがいいの?

これからの本はどうなっていくのだろう?

それぞれのメリット、デメリットはなに?

 

今回は読書をするなら紙か電子書籍かというのが大きなテーマです。

どちらもメリット・デメリットを挙げていきますが、僕は電子書籍がいいと思う派です。

僕はミニマリストであり、ノマドワーカーに憧れているからです(笑)

あなたはどっち派でしょうか?

紙の本のメリット

まずは紙の本の良いところ。

紙の読書のいいところは、やっぱり読んだ感があるところですよね。

読み進めていくと段々片手にページがたまってきて読むのが楽しくなる、

あの感覚を味わえるのがいいです。

インクのにおいだったりページをめくる感覚だったり、

これはやはり電子書籍では味わえない紙の本の良さです。

直感的に読みたいところを開けたり、自由に書き込みできるところも紙の本が勝っています。

記憶という点からも紙の本で読書するのがいいみたいです。

上にも書きましたがページをめくったり、片手にページがたまっていくあの感覚

つまり触覚が視覚をサポートしているようです。

紙の厚さのあの辺ではこんなことが書かれていて

という風に手の感覚で内容を覚えている、場所記憶というそうです。

電子書籍では今どれくらい読んだかが分かりづらく

触覚を感じられないので、記憶という点では紙の本が勝っているように思います。

紙の本は本棚にあると、これだけ読んだぞ!という自信にもなりますし

本棚が埋まる様はインテリアとしても壮観ですね。

貸し借りができるというところも、コミュニケーションの一環として使えますね。

紙の本は特定の場所に定住する人、インテリアなどにもこだわる人には抜群におすすめです。

紙の本のデメリット

埋まった本棚は壮観でいいのですが、場所をとりますから捨てたりしないとならないのが不便なところです。

紙ですから雨に濡れたり、汚れが付いたりすると読めなくなったりするのもデメリットです。

紙の劣化も時間を感じられていいというのもわかりますが、

茶色くなってしまった本は読みづらくてしょうがないですよね。

電子書籍のメリット

電子書籍の良いところはやはりデータで保管できるところ。

物質としての重さもないですから本棚の数千冊をスマホ一台で持ち運べます。

データの劣化もありませんから、いつでも新品のような状態で読書できます。

kindleの場合ポピュラーハイライトもいいですね。

他の多数の人がどこにマーカーを入れたのか見ることができますから、

そこだけ読むのも一つの速読法です。

場所に縛られずにどこへでも拠点を移せるノマドワーカー

物を持ちたくないミニマリストには電子書籍が抜群におすすめですね。

電子書籍のデメリット

紙の本のメリットの逆でもありますが

やはり物質として存在しない以上、触覚が感じられないということ。

ページをタップするだけですから紙の厚さの感覚だったり、

紙の本独特の場所記憶などを感じづらいのはデメリットです。

また直感的にパラパラとめくるのが難しいですから、

好きなところだけを読むなどの速読もやりずらいです。

基本的に電子書籍はネット環境が必要です

なのでネットがつながらないところ、接続トラブルなど通信環境に依存します。

書き込みの自由度もスタイラスペンが登場したとはいえやはり紙への書き込みにはまだかないません

まとめ

紙の本、電子書籍の本それぞれのメリット・デメリットを書きました。

結論としては定住する場所をもって、物を持つことにソワソワしない(笑)人には紙の本がおすすめで

ノマドワーカーに憧れるミニマリストには電子書籍がおすすめということになります。

電子書籍派の僕ですが、新刊などは本屋さんで選びたいというわがままがあります(笑)

なので紙の本にはこれからも存在していてほしいです。

キンコン西野さんが言うところの本とコミュニケーションはセットということ。

堀江さんが言うところの本屋さんは知識欲が高い人が集まるハブのようなところなど、

本屋さんはまだまだなくならないと思うと電子書籍派の僕でもうれしいです。

先日テレビで見たのですが、フィンランドでは100年後の本の材料として森を保護しているそうです。

(図書館の森というらしい)

過去の歴史、記念品という位置づけなのかもしれませんが

100年後にも紙の本が存在しているのかなと思うとなんだか心があったまります。

紙の本がどうの、電子書籍がどうのと長文にわたって書いてきましたが、

本って最高ですね(笑)以上です。

 

隙間のない本棚にソワソワするあなたへ

【オフラインで使える!】書籍、書類を電子化(自炊)して本棚を持ち歩こう

電子書籍におすすめの端末

【2019年版】タイプ別おすすめの電子書籍リーダー9選

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です