【ブログを始めよう!】商用利用OK!アイキャッチ画像に使えるおすすめフリー素材サイト8選

 

ブログなどに使われているアイキャッチ画像や、記事内に挿入されている写真は皆どこから持ってきているのだろう?

 

↑こんな疑問に答えていきます。

ブログなどで使う写真は著作権を守らないといけないので、ネット上にある写真を勝手に使うことはできません。

自分で撮った写真なら著作権のことはあまり気にせず使うことができますが写真が趣味の方だったりしない限りは毎回用意するのは大変です。

そこで今回は他のブロガーの皆さんも使っているであろう著作権フリーの素材サイトを8つご紹介します。

フリー素材とは

ブログやニュース記事、企業のパンフレットにはフリー素材が使われていることが多いです。

フリー素材とは著作権フリーという意味で作者、所有者が素材の権利からの利益を放棄したものです。

CC0(パブリック・ドメイン)ともいい、素材を使う人たちは著作権の制限を受けずに再利用することができます。

フリー素材とは言っても配布しているサイトによって利用規約が違ったりするので使用前には目を通しておきましょう。

ぱくたそ

ぱくたそはパロディっぽいフリー画像が多いです。

フリーモデルの方たちをどこかで見たことがありませんか?

個人ブログでもよく見かけますが、テレビ番組のイメージ画像だったり、企業の広告でもよく見かけますね。

ネタ系の記事に使う画像ならぱくたそがおすすめです。

風景や町並みなどの人物を使わない画像も結構クオリティ高いです。

いらすとや

こちらも有名なフリー素材サイトです。

キャッチコピーの通り、ほんわかとしたタッチのかわいい素材が多いです。

youtubeのサムネイル画像や動画内の演出、テレビ番組のイメージ画像にもよく使われています。

マツコ&有吉 かりそめ天国とかでよく見ます(笑)

意外と公的なところのパンフレットなんかにも使われていますね。

freepik

freepikはアニメイラスト調の素材の質が高いです。

Designed by Pikisuperstar

↑のように無料で使うとクレジット表記が必要です。表記をなくすにはプレミアムライセンス(サブスクリプション)が必要です。

有料のサブスクリプションタイプはそれだけで障壁となります。

有名ブロガーのマナブさんとかは見た感じfreepikを使っていますよね。

freepikはPCなどのガジェットやIT系の素材が多いのが強みだと思います。

風景とかもクオリティ高いです。

イラスト系の風景だと大人でもわくわくするような絵本の背景みたいな感じの素材が多いです。

Designed by Katemangostar

PIXTA

こちらはサブスクリプションタイプですが、素材の質はかなり高いです。

特に風景は凄い。

人物やビジネスシーンなどのフリー画像感はあさっりしていますが、企業や広告向けの素材が多いように思います。

個人ブログよりは企業の商用利用向けの素材サイトとしての色合いが強いです。

基本的には有料ですが、毎週無料素材の配布が期間限定で行われており、期間終了後は有料になるので週一で見に行くのもアリです。

pixabay

pixabayは基本的に無料で素材をダウンロードできます。

クレジットの表記も必要ありません。

素材の数はあまり多くありませんが記事にぴったりの画像がちらほらあるので少数精鋭といった感じの素材サイトです。

フリーモデルはほとんど外国人なので、記事の内容によっては外国感が強く、写真の主張が強すぎることもあります。

でもその外国感が記事の内容とうまく合わさったとき、全体としておしゃれな感じの記事ができます。

pixabayは個人ブログ向けのフリー素材が多いように感じます。

Snapmart

Snapmartは一般の方が撮影した風景や人物の素材が多く、いい意味で素人感というか素材としてつくられた感が薄いので、記事になじむ写真が多いです。

キャッチコピーは「インスタ映えする自然な写真素材」なので女性のモデルが多いです。

女性の個人ブロガー向けの素材サイトという印象を受けます。

無料ダウンロードの場合、写真にSnapmartと透かしが入ります。

単品購入もできますが、月額のサブスクリプションの値段も990円からと安めです。

shutterstock

有料ですがフリー素材の量、質は一番だと思います。

pixabayでフリー素材を探すと、ページの上部にスポンサーとしてShutterstockの画像が表示されるのですが、さすが質が高いです。

探すキーワードによっては有名ブロガーたちが実際に使っているのを見たことがある素材とかありますから、やっぱりフリー素材の収集先として行きつくのはShutterstockだと思います。

月額料金は高めですが、障壁、画像の量、質の高さを考えれば有名ブロガーの皆さんがShutterstockを使う理由がよくわかります。

こちらもPIXTAと同じように毎週無料画像が配布されているので、ぜひ見に行きましょう。

Google画像検索 ライセンスフィルター

こちらはフリー素材サイトというわけではありませんが、便利な機能なのでよく使っています。

Google画像検索を利用したフリー素材の横断検索です。

目当てのキーワードを入力。

ライセンスを営利目的を含め自由に使用、共有、または変更できるに設定することで入力したキーワードのフリー素材を横断検索します。

検索オプションで画像サイズや、ファイル形式を変更すればさらに細かく探すこともできます。

著作権について読んでおきたい本

ブログをやっていると転用や引用など、著作権に関する問題が出てきます。

知らないうちに著作権を侵害していた、ということにならないように事前に調べておきましょう。

この本であれば遭遇するであろう著作権問題について包括的に解説されていますから一度は目を通しておきましょう。

まとめ

今回はおすすめのフリー素材サイトをご紹介してきました。

文字だけの記事だと読むのが退屈になりがちです。

ときどき内容に関連する写真などを挿入してメリハリをつけていきましょう。

文字で説明するよりたった一枚の写真で内容が伝わることもありますから、多少時間はかかるかもしれませんが記事に使う写真を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です